オーストラリア代表、帰国便で大騒ぎ=飲酒に嘔吐、日航が苦情〔五輪〕 2021年08月04日 16時33分

東京五輪に出場したラグビー7人制男子のオーストラリア代表=7月27日、東京スタジアム(AFP時事)
東京五輪に出場したラグビー7人制男子のオーストラリア代表=7月27日、東京スタジアム(AFP時事)

 オーストラリアン紙(電子版)は4日までに、東京五輪に出場したサッカーとラグビー7人制の豪州代表の男子選手たちが帰国便で飲酒し、嘔吐(おうと)するなど大騒ぎしたと報じた。日本航空が豪オリンピック委員会に苦情を訴え、調査が行われている。
 騒ぎがあったのは、10時間のフライトを経て7月30日朝にシドニーに到着した便。乗り合わせた客はニューズ・コープ・オーストラリアに対し「(選手は)騒がしく、歌い、指示されても着席を拒否していて、不快だった。マスクも着用していなかった」と不満を漏らした。飲み過ぎた選手が吐き、使えなくなったトイレもあった。 

海外経済ニュース