ベラルーシ選手が出国=保護から3日、ポーランド亡命―「反政権」扱い・東京五輪 2021年08月04日 08時17分

成田空港に到着したベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手=4日午前、千葉県成田市
成田空港に到着したベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手=4日午前、千葉県成田市

 【ベルリン時事】東京五輪陸上女子のベラルーシ代表から外され、強権的な本国による帰国命令を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日、亡命先となるポーランドに向かうため成田空港から出国し、経由地ウィーンに到着した。1日に選手村を離れ、羽田空港で警察などに保護を求めてから3日。安全な第三国に逃れ、新たな活動拠点とする意向だ。
 成田空港では、記者団の問い掛けに応じなかったが、元気そうに手を振る姿を見せた。ロイター通信によると、ウィーン到着後に面会したオーストリア高官は記者団に、ツィマノウスカヤ選手は4日中に空路でポーランドに向かうと述べた。
 ポーランドはベラルーシの隣国。ロシアを後ろ盾とするベラルーシ政府に批判的で、反政権派に支援の手を差し伸べている。今回の事件を受け、昨年8月の大統領選後から市民弾圧を続けるルカシェンコ政権に対し、国際社会の厳しい視線が再び向けられている。
 ツィマノウスカヤ選手は、予定した陸上女子100、200メートルだけでなく、ドーピング検査をめぐって選手が欠けた1600メートルリレーにも出場するよう迫られた。コーチの不手際を訴え、インスタグラムで不満を外部に公表。「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ大統領の長男が率いる本国オリンピック委員会から「反政権」と敵視された。 

海外経済ニュース