タリバン、郡の半数支配=米軍トップ「数カ月で拡大」―アフガン 2021年07月22日 07時21分

21日、ワシントン近郊の米国防総省で記者会見するミリー統合参謀本部議長(AFP時事)
21日、ワシントン近郊の米国防総省で記者会見するミリー統合参謀本部議長(AFP時事)

 【ワシントン時事】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は21日、国防総省で記者会見し、アフガニスタンの反政府勢力タリバンが同国34州にある約420の郡のうち、ほぼ半数を支配していると明らかにした。駐留米軍の撤収でアフガン政府が軍事面での後ろ盾を失う中、タリバンの大幅な勢力拡大が浮き彫りになった。
 ミリー氏は「戦略的勢いはタリバンにあると思われる」と指摘。「きょうの時点でタリバンは全体のほぼ半分に当たる212か213の郡を支配下に置いている」と語った。
 先月下旬には、タリバンが81の郡を支配していると下院軍事委員会の公聴会で証言していた。 

海外経済ニュース