メディア大手、新聞事業を非営利化=広告減で存続困難―シンガポール 2021年05月06日 18時46分

シンガポールのメディア大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)の拠点施設=2020年11月
シンガポールのメディア大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)の拠点施設=2020年11月

 【シンガポール時事】シンガポールのメディア大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)は6日、新聞・雑誌を発行する中核のメディア部門を子会社として分社化すると発表した。広告収入減少で赤字拡大が避けられない情勢で、非営利組織(NPO)化で事業存続を目指す。
 SPHはメディア部門について、「質の高いニュースを国民に届けるという公共事業の役割を担っており、清算・売却は現実的な選択肢でない」と強調。ただ、「収益性を株主から求められる上場企業の一部としてメディア部門を維持することは持続可能でなくなった」と主張した。NPO化により、「ジャーナリズムの維持・支援に賛同する官民からの資金調達が可能になる」という。 

海外経済ニュース