対北朝鮮「外交検討も」=挑発継続への対応言及せず―米報道官 2021年04月08日 08時22分

 【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は7日の記者会見で、北朝鮮の核兵器開発に関し「非核化に向かうのなら、何らかの形の外交を検討する用意がある」と述べた。北朝鮮による弾道ミサイル発射など最近の挑発行為にもかかわらず、外交交渉を通じた事態打開を視野に入れていることを確認した。
 複数のシンクタンクは先に、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)実験施設などに動きがあったとする分析を公表した。サキ氏は会見で「もちろん(北朝鮮に)引き続き制裁を科しているし、同盟国やパートナー国とも協議している」と説明したが、北朝鮮がさらなる挑発行為に及んだ場合の具体的対応については言及を避けた。 

海外経済ニュース