〔NY外為〕円、148円台前半(28日朝) 2023年11月28日 23時12分

 【ニューヨーク時事】28日午前のニューヨーク外国為替市場では、海外市場での円高・ドル安地合いが継続し、円相場は1ドル=148円台前半に上伸している。午前9時現在は148円25~35銭と、前日午後5時(148円64~74銭)比39銭の円高・ドル安。
 海外市場では、米長期金利の上昇一服を眺めて、月末を前にした実需筋の円買い・ドル売りが優勢となった。この日の朝方は主要な米経済指標の発表がなく、売り買いの材料に欠ける中、海外市場での円買いの流れが継続。また、この日はウォラー米連邦準備制度理事会(FRB)理事やバーFRB副議長など複数のFRB高官の講演が予定されており、発言内容を見極めたいとの見方から様子見ムードも広がっている。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.0970~0980ドル(前日午後5時は1.0949~0959ドル)、対円では同162円70~80銭(同162円79~89銭)と、09銭の円高・ユーロ安。

前日からの主な出来事