〔米株式〕NYダウ続伸、124ドル高=ナスダックも高い(30日午前) 2023年03月31日 00時16分

 【ニューヨーク時事】30日午前のニューヨーク株式相場は、金融システム不安が後退していることを背景に続伸している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時現在、前日終値比124.29ドル高の3万2841.89ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は103.35ポイント高の1万2029.59。
 米中堅地方銀行の経営破綻に端を発した金融システムに対する懸念が一服し、リスク選好の買いが入りやすくなっている。
 朝方発表された25日までの1週間の新規失業保険申請(季節調整済み)は、前週比7000件増の19万8000件と、3週ぶりに悪化した。また、2022年10~12月期の実質GDP(国内総生産)確定値は、季節調整済み年率換算で前期比2.6%増。改定値(2.7%増)から下方修正されたが、プラス成長は2期連続。
 ダウ構成銘柄では、ウォルト・ディズニー、インテルのほか、エバコアISIが投資判断を引き上げたウォルマートが高い。また、前最高経営責任者(CEO)のセルジオ・エルモッティ氏を次期CEOに指名したスイス金融大手UBSも上昇。一方、モルガン・スタンレーによって投資判断を引き下げられたチャールズ・シュワブは売りが先行している。

前日からの主な出来事