〔東京外為〕ドル、113円台近辺=調整売りにやや軟化(3日午前9時) 2021年12月03日 09時14分

 3日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、調整的な売りに押され、1ドル=113円台近辺に軟化している。午前9時現在、113円01~02銭と前日(午後5時、113円26~26銭)比25銭のドル安・円高。
 前日の海外市場では、欧米時間を通じてほぼ下にいってこいだった。欧州時間は米長期金利が低下したことで113円20銭台から112円70銭前後に下落。米国時間は前日まで急落していた米株が反発し、米長期金利も持ち直したことで、ドル円は中盤にかけて113円20銭台まで値を戻した。この流れを引き継いできょう東京時間の早朝は113円10銭台で推移していたが、午前9時前には調整売りに押され、やや水準を切り下げている。
 足元のドル円は若干の売りが出たが、前日の米株高・金利上昇で「基本的には底堅い地合いにある」(FX業者)とみられる。もっとも、「オミクロン株への懸念が根強いため、上値は追いにくい」(大手邦銀)ほか、「夜に米雇用統計の発表を控え、東京時間は積極的な取引は見送られやすいのではないか」(同)との指摘が聞かれる。
 ユーロは対円で下落。対ドルは横ばい圏。午前9時現在、1ユーロ=127円77~84銭(前日午後5時、128円11~12銭)、対ドルでは1.1305~1306ドル(同1.1310~1310ドル)。

注目ニュース