〔東京株式〕小反発=オミクロン株への警戒感後退(3日前場寄り付き) 2021年12月03日 09時04分

 (寄り付き)3日午前の東京株式市場は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への警戒感がやや後退したことで前日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が3営業日ぶりに急反発したほか、日経225先物の堅調などを好感した買いが先行している。日経平均株価は前日比87円68銭高の2万7841円05銭と小幅ながら反発して始まった。

注目ニュース