〔東京外為〕ドル、156円前後=米金利低下で水準切り下げ(15日午後5時) 2024年05月15日 17時05分

 15日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、終盤、時間外取引で米長期金利が低下したことに圧迫され、1ドル=156円前後に下落している。日経平均株価の上げ幅縮小も重しとなった。午後5時現在は、156円09~10銭と前日(午後5時、156円46~46銭)比37銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、前日の海外市場で方向感を欠いた流れから156円50銭台で取引された。午前9時以降、実需筋の売りがやや強まり、仲値すぎに156円20銭台に下落。正午にかけて156円40銭台に持ち直したが、午後に入ると株価の上げ幅縮小を眺めて156円30銭前後に水準を下げた。終盤は、米金利低下を背景にドル売りが強まり、156円を割り込む場面があった。
 前日の海外市場では、米国時間の序盤に発表された4月の卸売物価指数(PPI)が市場予想を上回り、156円80銭近くまで上昇。もっとも、その後は米長期金利の低下に圧迫され、終盤は156円40銭台に伸び悩んだ。
 東京時間は、午前は156円台前半から半ばでの上下動が続いたが、午後は「株価の失速で売られがちとなり、終盤は米金利低下に押された」(為替ブローカー)と指摘されている。目先は、日本時間今夜に発表される米消費者物価指数(CPI)が注目され、「結果次第でかなり上下に振れやすいのではないか」(大手邦銀)との声が聞かれる。
 ユーロも終盤、対円で下落。対ドルは小動き。午後5時現在は、1ユーロ=168円98~99銭(前日午後5時、168円77~78銭)、対ドルでは1.0825~0826ドル(同1.0787~0787ドル)。

市況・概況