〔東京株式〕大幅反発=半導体関連に買い、4万円に迫る(1日) 2024年03月01日 15時11分

 【プライム】米ナスダック総合指数の最高値更新で投資家心理が一段と改善し、半導体関連株などに買いが集まった。日経平均株価の上げ幅は一時800円を超え、心理的節目の4万円に迫った。終値は日経平均が前日比744円63銭高の3万9910円82銭と大幅反発し、最高値を更新した。東証株価指数(TOPIX)は33.69ポイント高の2709.42と続伸。
 49%の銘柄が値上がりし、値下がりも49%。出来高は17億9096万株、売買代金は5兆1146億円。
 業種別株価指数(33業種)では鉱業、石油・石炭製品、電気機器の上昇が目立った。下落はパルプ・紙、空運業、小売業など。
 【スタンダード】スタンダードTOP20は堅調。出来高5億6605万株。
 【グロース】グロースCore、グロース250はともに軟調。

市況・概況