〔東京株式〕続落=米金融引き締めで売り(22日) 2022年09月22日 15時12分

 【プライム】米国の金融引き締めによる景気後退への懸念から売りが優勢となり、日経平均株価は前日比159円30銭安の2万7153円83銭、東証株価指数(TOPIX)は4.68ポイント安の1916.12と、ともに続落して終わった。為替相場が円安・ドル高含みで推移したことから輸出関連株の一角は底堅さを見せ、株価指数の下落幅は限られた。
 60%の銘柄が値下がりし、34%が値上がりした。出来高は11億4475万株。売買代金は2兆6518億円。
 業種別株価指数(33業種)は海運業、保険業、繊維製品、サービス業などが下落した。上昇は陸運業、輸送用機器など。
 【スタンダード】スタンダードTOP20は軟調。出来高1億6170万株。
 【グロース】東証マザーズ指数は小反発。グロースCoreは小幅続落。

市況・概況