〔ロンドン外為〕円、134円台前半(16日正午) 2022年08月16日 20時13分

 【ロンドン時事】16日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、米金利の上昇を受けてドルが買い戻され、1ドル=134円台前半に下落した。正午現在は134円20~30銭と、前日午後4時(132円95銭~133円05銭)比1円25銭の円安・ドル高。
 海外市場の流れを引き継ぎ133円台後半で始まった後、じりじりと値を下げた。市場では、この日発表される米国の7月の住宅着工件数や鉱工業生産が注目されている。
 対ユーロは1ユーロ=135円95銭~136円05銭(前日午後4時は135円55~65銭)と、40銭の円安・ユーロ高。ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.0125~0135ドル(1.0190~0200ドル)。
 ポンドは1ポンド=1.2015~2025ドル(1.2075~2085ドル)、スイス・フランは1ドル=0.9450~9460フラン(0.9500~9510フラン)。

市況・概況