〔NY金〕ほぼ横ばい、1784.30ドル(24日) 2021年11月25日 05時35分

 【ニューヨーク時事】24日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、感謝祭休場を翌日に控え、ほぼ横ばいとなった。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比0.50ドル(0.03%)高の1オンス=1784.30ドル。
 この日は米経済指標が相次いで発表された。米労働省が発表した新規の失業保険申請件数は、11月20日までの1週間で19万9000件と、前週から7万1000件減少。52年ぶりの低水準となった。7~9月期の実質GDP(国内総生産)改定値は前期比2.1%増と速報値から小幅上方修正された。
 米国経済の堅調な回復ぶりが示されたことを背景に、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。これを受けてドル建て商品である金塊を売る動きが先行したものの、終盤にかけては感謝祭休場を前に積極的な商いが手控えられ、小動きとなった。

市況・概況