〔ロンドン外為〕円、109円台後半(10日) 2021年06月11日 00時17分

 【ロンドン時事】10日のロンドン外国為替市場の円相場は、上昇して始まった後、米消費者物価が強い結果となったことでドルが買い戻され、1ドル=109円台後半に下落した。午後4現在は109円55~65銭と、前日午後4時(109円55~65銭)と変わらず。
 5月の米消費者物価は前年同月比5.0%上昇と、市場予想(4.7%上昇)を上回った。これを受け、米金融緩和の早期縮小観測が高まった。
 対ユーロは、1ユーロ=133円35~45銭(前日午後4時は133円50~60銭)で、15銭の円高・ユーロ安。ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2165~2175ドル(1.2180~2190ドル)だった。
 ポンドは1ポンド=1.4135~4145ドル(1.4120~4130ドル)、スイスフランは1ドル=0.8955~8965フラン(0.8955~8965フラン)。

市況・概況