上院接戦、下院で共和優勢=トランプ氏も「争点」に―米中間選挙まで1カ月 2022年10月06日 14時09分

バイデン米大統領=9月1日、フィラデルフィア(AFP時事)
バイデン米大統領=9月1日、フィラデルフィア(AFP時事)

 【ワシントン時事】11月8日投票の米中間選挙まで約1カ月に迫った。連邦下院は野党共和党優位との見方が強い一方、上院では与野党が激しく競り合う。歴史的インフレという強烈な逆風に見舞われる与党民主党は、今も共和党に強い影響力を保つトランプ前大統領への批判を強めて争点をそらし、巻き返しを図っている。
 ◇「MAGAは脅威」
 「MAGA(マガ)は米国の脅威だ」。バイデン大統領は9月の遊説で、トランプ氏や同氏の支持者への対決姿勢を鮮明にした。MAGAはトランプ氏が掲げたスローガン「メーク・アメリカ・グレート・アゲイン(米国を再び偉大に)」の頭文字。トランプ氏を熱烈に支持し、昨年1月の連邦議会襲撃事件のような政治的暴力をいとわない人々、という含意がある。
 バイデン氏の狙いは、事件の忌まわしい記憶を呼び起こし、国民が不満を抱くインフレや犯罪増加から目をそらすことにある。
 中間選挙は現政権の「信任投票」として、与党に厳しい審判が下ることが多い。だが、今年はバイデン政権への評価だけでなく「トランプ氏か、それ以外か」も焦点に浮上。連邦捜査局(FBI)による家宅捜索や一族企業の脱税疑惑など、トランプ氏をめぐる数々の醜聞が再び注目され、共和党の不安材料となっている。
 6月に連邦最高裁が人工妊娠中絶の憲法上の権利を否定したことも、今回が異例の選挙戦となっている要素の一つだ。判決はリベラル層を激怒させ、中絶の権利擁護を唱える民主党への支持を掘り起こしていると指摘される。
 ◇最大関心事は物価高
 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が5日に掲載した予想獲得議席は、上院で民主46、共和47と競り合う。一方、下院は民主182に対し共和が219で優勢だ。一時は民主党が上下両院で少数派に転落するとの観測も流れたが、ここに来て上院で踏みとどまっているという見方が多い。
 もっとも、有権者の最大の関心が、40年ぶりの高水準となった物価高であることに変わりはない。8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で8.3%上昇し、市場予想を超える上げ幅を記録。連邦準備制度理事会(FRB)による急激な利上げは景気の先行きに影を落とす。共和党は「インフレ・治安悪化・不法移民増」の3点セットで攻勢をかけており、選挙戦の行方は最後まで予断を許さない。 

FED(最新10件)