東京株、反発=買い戻しで549円高 2022年01月28日 10時15分

 28日の東京株式市場は大幅反発した。日経平均株価は、米国の金融引き締めへの警戒感から前日までの3日間で1400円超下落したが、28日は値頃感もあり、好決算を発表した銘柄を中心に幅広く買いが入った。午前の終値は549円76銭高の2万6720円06銭。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は量的金融緩和の3月終了を決定、同月の利上げ開始を示唆した。市場では金融引き締め加速への懸念が根強く、株価は値動きが荒くなっているが、「27日に日経平均が841円も下げたのは行き過ぎ」(運用会社)として、反転上昇への期待の声も聞かれた。 

FED(最新10件)