トランプ氏勝利「異例の出来事」=16年大統領選後に議論―米FRB 2022年01月17日 15時44分

写真左:米連邦準備制度理事会(FRB)本部 右:2017年1月20日、就任式で演説するトランプ米大統領(当時)=ともにワシントン(AFP時事)
写真左:米連邦準備制度理事会(FRB)本部 右:2017年1月20日、就任式で演説するトランプ米大統領(当時)=ともにワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)が17日までに公表した2016年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、前月の大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏が予想外に勝利したことに関し、経済に及ぼす不透明感などが議論されていた。FOMC参加者からは、同氏の当選について「異例の出来事」との声も上がった。
 トランプ氏の勝利を受け、大規模減税への期待などから株価は上昇した。ただ、フィッシャーFRB副議長(当時)は「向こう数カ月、そして数年間、米国の経済政策について大きな不透明感がある」と述べ、警戒感を示した。 

FED(最新10件)