緩和終了直後にゼロ金利解除=インフレ抑制「最重要」―米FRB副議長候補 2022年01月14日 06時58分

米連邦準備制度理事会(FRB)副議長に指名されたブレイナード理事=2021年11月、ワシントン(AFP時事)
米連邦準備制度理事会(FRB)副議長に指名されたブレイナード理事=2021年11月、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】バイデン米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)副議長に指名したブレイナードFRB理事は13日、上院銀行委員会で開かれた公聴会で、インフレ抑制が「最も重要な仕事だ」と述べた。その上で、3月半ばに国債などの資産購入を通じた量的金融緩和策を終えれば、直ちに事実上のゼロ金利政策を解除する意向を示した。
 ブレイナード氏は「できる限り速やかにインフレ率を(FRBが目標とする2%に)引き下げるよう努める」と強調した。昨年12月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.0%上昇し、39年半ぶりの高い伸びとなった。 

FED(最新10件)