早期利上げに「備えを」=インフレ高止まりを警戒―米FRB 2021年11月25日 07時00分

米連邦準備制度理事会(FRB)本部=ワシントン、10月(AFP時事)
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=ワシントン、10月(AFP時事)

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は24日、11月2、3両日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。多くの会合参加者がインフレ高止まりのリスクを警戒。資産購入を通じた量的金融緩和策の縮小ペースを速め、想定よりも早期の利上げに備えるべきだと主張したことが明らかになった。
 参加者は、物価安定が脅かされるならば、インフレ対処にためらわないとの考えで一致。ただ、物価高の一因である供給障害の見通しが不透明なため、一部の参加者は今後の経済指標を「忍耐強く」見極め、慎重に判断するのが適切だと訴えた。 

FED(最新10件)