NY株、続落=景気減速懸念で売り 2021年09月18日 05時51分

 【ニューヨーク時事】週末17日のニューヨーク株式相場は、景気減速が懸念される中、ハイテク株などの幅広い銘柄に売りが出て続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比166.44ドル安の3万4584.88ドルで終了した。
 ハイテク株中心のナスダック総合指数は137.95ポイント安の1万5043.97と、3日ぶりに下落した。
 新型コロナウイルスの感染拡大が嫌気される中、景気の先行きに警戒感が強まり、ダウは序盤から売りが先行。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に買い控えの動きも見られた。 

FED(最新10件)