年末にかけて上昇 2021年07月28日 15時04分

SMBC日興証券株式ストラテジスト安田光氏
 史上最高値を更新している米国株と比べ、日本株は低調さが際立つ。ただ、秋口にかけて新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことで、景気回復期待が高まり、日本株は勢いを取り戻すだろう。日経平均株価は年末には3万2000円に達すると予想する。
 日本株低調の背景には、国内外でのコロナ変異株拡大や、米国中心に台頭する景気のピークアウト懸念がある。日本国内で秋の衆院選を前に政権支持率が下がっていることも相場の重しだ。
 米連邦準備制度理事会(FRB)議長の8月の講演などで米国の金融緩和縮小の方向性が明確になれば市場にはプラスだ。
 リスクは、国内外で重症者数が減らないことだ。また、各国で予想以上に人件費や原材料費などの上昇が進み、企業収益が圧迫されれば株価を下押しする。

FED(最新10件)