米景気「一段と力強さ」=物価上昇に懸念広がる―FRB報告 2021年07月15日 08時33分

米連邦準備制度理事会本部(ワシントン、EPA時事)
米連邦準備制度理事会本部(ワシントン、EPA時事)

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は14日公表した全米12地区の連銀景況報告(ベージュブック)で、5月下旬から7月初めの経済が「一段と強さを増した」と、前回の「緩やかに拡大」から景況判断を引き上げた。ただ、物価上昇への懸念が企業の間で広がっている様子も示された。
 新型コロナウイルスのワクチン普及を受けた経済再開に伴い、運輸や観光、製造業などで景況の改善が進んだ。一方で原材料や人手などの供給不足がより広範に及んだ。半導体不足で生産が遅れている自動車部門については、需要に販売が追い付いていない実態も明らかとなった。 

FED(最新10件)