米景気、加速への「転換点」=コロナ拡大リスク警戒―FRB議長 2021年04月12日 10時03分

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は11日放送された米CBSテレビのインタビューで、停滞していた経済成長と雇用の回復が「かなり速いペースで拡大し始めようとしている」と語り、「景気は転換点にあるようだ」との認識を示した。
 議長は、新型コロナウイルス危機対応の財政出動や金融緩和策、ワクチン普及により「見通しは著しく明るくなった」と説明。2021年の経済成長率は6~7%を「やや上回るかもしれない」と、歴史的な高水準になる可能性に言及した。 

FED(最新10件)