NY円、151円台に急落=1年ぶり、大規模緩和維持で 2023年10月31日 23時09分

 【ニューヨーク時事】31日午前のニューヨーク外国為替市場では、日銀が大規模金融緩和策の大枠維持を決めたことを背景に円売り・ドル買いが進み、円相場は一時1ドル=151円台前半に急落した。151円台に到達したのは2022年10月下旬以来1年ぶり。政府・日銀による為替介入への警戒感が改めて高まりそうだ。午前10時1分現在は151円10~20銭と、前日午後5時比2円10銭の大幅な円安・ドル高。
 日銀は31日の金融政策決定会合で、長期金利が事実上の上限とされてきた1%水準を一定程度超えることの容認を決定。円安の是正が狙いだが、市場は大きな政策変更と受け止めず、円売り・ドル買いの流れが加速した。
 また、米長期金利が4.9%台近辺で高止まりする状態が続いており、依然として日米金利差が大きい。今月上旬に円が急伸した際、市場では政府・日銀による円買い・ドル売り介入が行われたとの観測が浮上したものの、財務省が31日に10月の介入実績はゼロだったと発表したことも円安につながっているとみられる。
 円は対ユーロでも大きく売られ、08年8月以来約15年ぶりに1ユーロ=160円台に下落した。 

日銀(最新10件)