住宅ローン金利、大手5行が上げ=11月、長期金利の上昇反映 2023年10月31日 20時27分

(左から)りそな銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の看板
(左から)りそな銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の看板

 大手銀行5行は31日、11月の住宅ローン金利を発表した。代表的な固定期間10年の基準金利を、全行が4カ月連続で引き上げた。7月に日銀が大規模金融緩和策を修正して以降、長期金利の上昇が続いていることを反映した。
 10年固定の最優遇金利は、三菱UFJ銀行が前月から0.10%上昇の1.04%、三井住友銀行が0.15%上昇の1.29%、三井住友信託銀行が0.28%上昇の1.54%、みずほ銀行が0.10%上昇の1.55%、りそな銀行が0.15%上昇の1.80%。 

日銀(最新10件)