日本ほどいい国はない 2023年09月28日 14時23分

マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏
 日本はデフレ脱却という大きな構造転換が訪れている。東証の株価純資産倍率(PBR)改革で企業に変革の兆しも見られる中、円安を受けた業績の上方修正ラッシュも期待される。日本ほど投資対象としていい国はない。日経平均株価は年末には3万5000円を目指すだろう。
 バブル崩壊後のデフレはこの20年の経済停滞の元凶だったが、消費者物価指数や需給ギャップなどの指標も改善し、日本もようやくインフレが根付いてきた。企業が内部留保をため込み、投資をしなかったのが日本の低成長、株価低迷の原因だったが、デフレ解消で設備や人に投資し始めた。
 一方で日銀の金融政策が多少修正されたとしても、政策金利のマイナスがゼロになり、長期金利はようやく1%になる程度だ。それよりもインフレ率は高いので、実質金利はマイナス。お金を借りても投資した方がいいという状況は続く。株価に与える影響はない。

日銀(最新10件)