NHK改革、「先頭に立つ」=生き残りへ努力必要―稲葉次期会長 2022年12月06日 18時04分

記者会見する稲葉延雄NHK次期会長=6日午後、東京都渋谷区のNHK放送センター(代表撮影)
記者会見する稲葉延雄NHK次期会長=6日午後、東京都渋谷区のNHK放送センター(代表撮影)

 NHK次期会長に選任された元日銀理事でリコー取締役会議長も務めた稲葉延雄氏は6日、東京都内で記者会見し、「デジタル化のうねりの中、NHKも生き残りを懸けた努力が問われている」との認識を示した。その上で「NHKは受信料で成り立っている。視聴者、国民の信頼が大事だ」と強調、改革に向け「私が先頭に立ちたい」と意気込みを語った。
 稲葉氏は、「公正で公平な確かな情報なくして国民の信頼は勝ち得ない」と指摘。質の高いコンテンツを作り続けるため「強固な財務体質の形成が大事だ」と述べた。来年10月の受信料値下げでは減収が見込まれるが、「デジタル化を活用することで財務の安定化を導ける」と自信を見せた。 

日銀(最新10件)