円安の弊害、補正で対処=岸田首相―27日衆院通過 2022年05月26日 15時02分

衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=26日午後、国会内
衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=26日午後、国会内

 岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、最近の円安が生活者を圧迫していると指摘し、2022年度補正予算案で対処する方針を示した。内外の金利差が円安の要因の一つとされるが、日銀が現在の金融緩和を継続することが望ましいとの立場を強調した。補正予算案は27日の衆院本会議で採決され、参院に送付される見通しだ。
 円安に関し、首相は「一般論として輸出企業、海外に資産を有する企業には追い風になる一方、事業者や生活者には物価の引き上げによって大きなマイナスになる」との見解を表明。立憲民主党の泉健太代表は「円安が進むようであれば、金利引き上げも選択肢に入れるべきだ」と主張したが、首相は「補正予算で不測の事態に備えるのが基本的な考え方だ」と反論した。 

その他の写真

衆院予算委員会で質問する立憲民主党の泉健太代表=26日午後、国会内
衆院予算委員会で質問する立憲民主党の泉健太代表=26日午後、国会内

日銀(最新10件)