ウクライナ支援、結束確認=鈴木財務相「為替で緊密連携」―G7 2022年05月20日 07時17分

先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議終了後に記者団の取材に応じる鈴木俊一財務相=19日、ドイツ・ボン
先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議終了後に記者団の取材に応じる鈴木俊一財務相=19日、ドイツ・ボン

 【ボン時事】日米欧など先進7カ国(G7)は19日、ドイツ・ボン郊外で財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議を行い、ウクライナ支援と対ロシア制裁継続での結束を確認した。鈴木俊一財務相は急速な円安が進んだ為替相場について、会議で「G7各国と緊密な意思疎通を図りつつ適切に対応していく」と表明したことを明らかにした。
 日本からは鈴木財務相と黒田東彦日銀総裁が参加した。会議は20日までの2日間で、初日はロシアのウクライナ侵攻によるエネルギーや食料の価格高騰対策を議論。最終日は気候変動や途上国の債務問題などで意見交換し、共同声明を発表する。 

その他の写真

19日に先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席するためドイツ・ボン郊外を訪れ、同国のリントナー財務相(右)と会談する鈴木俊一財務相(財務省提供)
19日に先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席するためドイツ・ボン郊外を訪れ、同国のリントナー財務相(右)と会談する鈴木俊一財務相(財務省提供)

日銀(最新10件)