円、114円台半ばに下落=東京市場 2022年01月17日 17時25分

 17日の東京外国為替市場の円相場は下落し、1ドル=114円台半ばで推移した。国内輸入企業の決済目的の円売り・ドル買いが優勢となった後は、日銀の金融政策決定会合の結果公表を翌日に控え様子見姿勢が広がった。午後5時現在は114円39~40銭と前週末比60銭の円安・ドル高。 

日銀(最新10件)