長期金利、一時0.135%に上昇=約2年4カ月ぶり―東京債券市場 2021年02月25日 10時58分

 25日の東京債券市場で、長期金利の指標とされる10年物国債の利回りが一時0.135%に上昇(価格は低下)した。2018年11月以来、約2年4カ月ぶりの高い水準。
 米国では今月に入り、景気回復への期待から株高・債券安の動きが加速しており、これに連動し日本でも金利上昇が進んでいる。市場からは「日銀が長期金利の変動幅拡大を容認するとの見方が背景にある」(銀行系証券)との指摘が出ていた。 

日銀(最新10件)