日銀審議委員にリフレ派=専修大の野口教授、桜井氏後任―政府案 2021年01月21日 17時16分

 政府は21日、3月末に任期満了を迎える桜井真日銀審議委員(74)の後任として、専修大経済学部の野口旭教授(62)を起用する人事案を国会に提示した。野口氏はデフレ脱却に向けて大規模な金融緩和を主張するなど、安倍前政権下で重用された「リフレ派」の流れをくむ。任期は5年。
 2004年には、リフレ派として知られた元日銀副総裁の岩田規久男氏と「昭和恐慌の研究」を共著。安倍前政権の経済政策「アベノミクス」の指南役とされた元内閣官房参与の浜田宏一氏や、日銀の若田部昌澄副総裁らとも共同で著書を出版している。 

日銀(最新10件)