20211119 21年10月の消費者物価指数 2021年11月19日 17時48分

                             2021年11月19日作成

  2021年10月の消費者物価指数

 (概況)

・総務省から発表された21年10月の消費者物価指数、総合指数は2020年を100として99.9、前年同月比は0.1%の上昇、前月比(季節調整値)は▼0.3%の下落でした。

・生鮮食品を除く総合指数は99.9。前年同月比は0.1%の上昇。前月比(季節調整値)は▼0.1%の下落となっています。

・生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は、99.2。前年同月比は▼0.7%の下落、前月比(季節調整値)は▼0.3%の下落でした。


 ・消費者物価指数、総合指数の前年同期比の上昇幅は0.1ポイント縮小しました。

・電気代、ガソリン、灯油の上昇幅が拡大したほか、都市ガス代がプラスに転じるなど、エネルギーによる上昇幅が0.27ポイント拡大。

・通信料(携帯電話)により、総合の上昇幅が0.24ポイント縮小しました。

※ エネルギーは、前年同月比11.3%上昇、直近14年5月の10.0%を上回りました。前年同期比では、情報通信関係費のマイナスも効いています。



(了)