9月の鉱工業生産、0.2%上昇=3カ月ぶりプラス―経産省 2023年10月31日 09時01分

 経済産業省が31日発表した9月の鉱工業生産指数速報値(2020年=100、季節調整済み)は103.3と、前月比0.2%上昇した。乗用車の販売が好調な自動車工業が全体をけん引し、3カ月ぶりのプラスとなった。生産の基調判断は「一進一退で推移している」に据え置いた。
 9月の生産は、全15業種のうち9業種で上昇した。自動車工業は前月比6.0%のプラス。8月に台風やシステム障害の影響で自動車大手の工場が一時稼働停止した反動も増加要因となった。汎用(はんよう)・業務用機械工業も乗用車向けエアコン機器などが好調で2.6%増だった。
 生産が低下したのは6業種。生産用機械工業は、産業用ロボットの受注が国内外で減少している影響で3.4%減だった。 

日本(最新10件)