自動車落ち込み4カ月ぶり悪化=判断は据え置き―5月景気動向指数 2022年07月07日 14時15分

内閣府
内閣府

 内閣府が7日発表した5月の景気動向指数(2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.3ポイント低下し、95.5となった。悪化は4カ月ぶり。新型コロナウイルス感染拡大に伴う中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)などの影響でサプライチェーン(供給網)が混乱した自動車生産の落ち込みが目立った。基調判断は「改善」に据え置いた。 

日銀(最新10件)