5月の鉱工業生産、7.2%低下=上海コロナ封鎖が影響―経産省 2022年06月30日 09時02分

 経済産業省が30日発表した5月の鉱工業生産指数速報値(2015年=100、季節調整済み)は88.3となり、前月比7.2%低下した。低下は2カ月連続。新型コロナウイルス感染拡大に伴う中国・上海のロックダウン(都市封鎖)の影響で自動車工業など幅広い業種で生産が落ち込んだ。
 下落幅はコロナ流行で経済情勢が急速に悪化した20年5月以来の大きさで、指数自体も同年8月以来の低水準。生産の基調判断は「足踏みをしている」から「弱含み」に下方修正した。
 5月の生産は15業種中13業種で低下。都市封鎖による部品供給不足が響き、普通トラックなど自動車工業が8.0%、リチウムイオン蓄電池など電気・情報通信機械工業も11.3%のそれぞれマイナスとなった。 

日銀(最新10件)