景気動向指数、2カ月連続改善=小売業持ち直しが寄与―3月 2022年05月11日 14時13分

 内閣府が11日発表した3月の景気動向指数(2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.2ポイント上昇の97.0となり、2カ月連続で改善した。新型コロナウイルス感染者数が減少に転じ、小売業の販売額の持ち直しが寄与した。
 基調判断は景気が拡大局面にある可能性が高いとする「改善」に据え置いた。2月の判断は速報値段階では「足踏み」だった。しかし、鉱工業生産指数が年間補正で上振れたため、景気動向指数の改定値では一致指数がマイナスからプラスに転換し、判断も「改善」に上方修正されていた。 

日銀(最新10件)